忍者ブログ
Home > 熱傷・火傷 > 珈琲をこぼして火傷になる

スポンサーリンク

珈琲をこぼして火傷になる

コップを落としてしまい珈琲がかかってしまう

種別 火傷
場所 リビングテーブル
状況 おやつ時に主が珈琲の入ったコップを落としてしまい左足甲にかかってしまう。
(取っ手なしのコップ使用の設定)
対応
15:30 「あっ!」との声が聞こえ近くに行くとコップが床に落ち左足甲付近に珈琲のかかった後あり。
15:35 その場で確認すると赤みが見られる。
15:40 入浴場に移動して10分間患部を水で冷やす。
(長い時間冷やすと低体温症の危険性がありますので時間等は看護師さんの指示で)
15:50 看護師処置。アズノール軟膏塗布してガーゼで保護。
(処置内容は看護師さんに聞いて書きますね。具体的なことを記入しない場合もありますね)
原因 ・本人に聞くとコップを持ったが熱くて離してしまったとのこと。
・取っ手なしのコップだった為。
対策 ・取っ手ありのコップに変更する。
・お茶、珈琲等は少し冷ましてから提供する。
・提供時には「熱いかもしれませんので注意して下さい」等の声掛けえをする。
(忙しいと無言になりやすいですよね)

介護情報誌 おはよう21

スポンサーリンク

福祉・介護のブログがあり勉強させて頂いています

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

サイト説明

特別養護老人ホームや高齢者デイサービスにおける事故報告書・ヒヤリハット報告書の事例、書き方を考えてまとめているサイトです。現場で起きる可能性がある事例を考えて知ることで、リスク管理の向上及び対応の仕方、報告書の書き方等、スキルアップができるのではと思い始めました。

記事リンク

忍者広告

PR