忍者ブログ
Home > 打撲・捻挫・腫脹 > 引き戸に挟まれ腕が腫れる

スポンサーリンク

引き戸に挟まれ腕が腫れる

取っ手に手を掛けると、引き戸が閉まり右前腕を挟む

種別 打撲
場所 居室前
状況 引き戸取っ手に手を掛けると引き戸が閉まり右前腕は挟む
(自閉機能付きドアの設定)
対応
15:30 居室の方から「痛い」との声は聞こえ向かうと
引き戸に右前腕部が挟まっている状態の主がいる
(前腕の意味 腕の肘から手首までの部分
15:35 ベット上に座り状況、状態を確認する
主によると、バランスを崩し取っ手に捕まったら戸が閉まってきたとのこと
右前腕部に2cm×4cmほどの腫れあり
(類義語 腫れ≒腫脹【シュチョウ】)
15:55 看護師に報告 看護師による冷湿布処置
(ほとんどの事例で最終的には看護師さんに報告しますが、処置内容を聞いて記入した方が良いと思います)
原因 ・引き戸にロックが掛かっていなかった為
(開いている状態でロックを掛けれる戸ってあるのかしら?)
・主に対してバランスを崩す、転倒するなどの危険性を予見していなかった為
対策 ・引き戸にロックを掛ける、もしくは閉まらないように縛るなどして対策をする
・転倒したことがない人に対しても筋力低下などによる転倒リスクの増加を考慮し、見守りを強化していく

介護情報誌 おはよう21

スポンサーリンク

福祉・介護のブログがあり勉強させて頂いています

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

サイト説明

特別養護老人ホームや高齢者デイサービスにおける事故報告書・ヒヤリハット報告書の事例、書き方を考えてまとめているサイトです。現場で起きる可能性がある事例を考えて知ることで、リスク管理の向上及び対応の仕方、報告書の書き方等、スキルアップができるのではと思い始めました。

記事リンク

忍者広告

PR