忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 切傷・擦り傷・表皮剥離 > 職員の確認ミスによる表皮剥離の事例

スポンサーリンク

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

職員の確認ミスによる表皮剥離の事例

移乗介助時に手すりに接触して皮が剥離してしまう

種別 表皮剥離
場所 居室
状況 ベットから車イスに移乗介助する際に、手すりに接触して右手第5指に表皮剥離が発生する。 類義表現(第五指→小指)
対応
13:00 移乗介助の際に手すりにぶつかり小指の皮がめくれてしまう。
13:05 少量の出血ある為ガーゼを当てて看護師に報告。
13:30 看護師による止血処置及び軟膏塗布。
原因 ・車イスの位置が適切ではなかった為。
・移乗時に主の手と手すりの位置を確認せずに行った為に擦れてしまった。
対策 ・移乗の際は手すりを外して行う。
(バランス保持の為に手すりを持ってもらうケースもあるので、ケースバイケースですね)
・周りをしっかりと確認して行う。

介護情報誌 おはよう21

レクリエーション情報誌

スポンサーリンク

福祉・介護のブログがあり勉強させて頂いています

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

サイト説明

特別養護老人ホームや高齢者デイサービスにおける事故報告書・ヒヤリハット報告書の事例、書き方を考えてまとめているサイトです。現場で起きる可能性がある事例を考えて知ることで、リスク管理の向上及び対応の仕方、報告書の書き方等、スキルアップができるのではと思い始めました。

記事リンク

忍者広告

PR