忍者ブログ
Home > 切傷・擦り傷・表皮剥離 > 爪切り介助による外傷事故

スポンサーリンク

爪切り介助による外傷事故

爪切り時に左手第二指の先端の皮膚を切ってしまう

種別 切傷
場所 利用者居室
状況 爪切り時に左手第二指の先端の皮膚を切ってしまう。
類義表現 (第二指→人差し指)
対応
14:30 出血がある為、ガーゼにて直接圧迫止血法を行う。
直接圧迫止血(あっぱくしけつ)→清潔な布やガーゼなどを傷口にあてて手で圧迫する止血法
14:35 他職員を呼び看護師に連絡してもらう。
14:40 看護師による処置。様子観察との指示。
原因 ・皮膚と爪切りとの接触面の確認を怠った点。
・深爪にしすぎた為。
(私は語尾には~点や~為を使用することが多いかも)
対策 ・爪切り時には皮膚との接触面を必ず確認して行う。
(具体的に注意点を書くようにしています)

介護情報誌 おはよう21

スポンサーリンク

福祉・介護のブログがあり勉強させて頂いています

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

サイト説明

特別養護老人ホームや高齢者デイサービスにおける事故報告書・ヒヤリハット報告書の事例、書き方を考えてまとめているサイトです。現場で起きる可能性がある事例を考えて知ることで、リスク管理の向上及び対応の仕方、報告書の書き方等、スキルアップができるのではと思い始めました。

記事リンク

忍者広告

PR