忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 内出血・痣・発赤 > 介護ミスによる内出血事故事例

スポンサーリンク

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

介護ミスによる内出血事故事例

リビングにいる主の両手首付近に内出血を発見する

種別 内出血発見
場所 リビング
状況 リビングにいる主の両手首付近に、内出血を発見する。
(手引き歩行が必要な方の設定)
対応
16:00 主の両手首付近に内出血を発見する。
16:05 本人に確認するが、いつ内出血したかわからないとのこと。痛みの訴えはなし。
16:10 看護師に報告及び他スタッフに確認する。
(残念なことですが気付いても、報告書を書きたくないのか知らんぷりしているスタッフも・・・)
原因 ・ソファーから立ち上がりの際に、手首を掴んで介助したと考えられる。
(あまりないことですが、こういった介助をしている人を見たことがあります)
対策 ・立ち上がりの際には、腰に手を回しバランスをとりながら介助する。
(利用者を傷つけない介助の仕方が大事ですよね)

介護情報誌 おはよう21

レクリエーション情報誌

スポンサーリンク

福祉・介護のブログがあり勉強させて頂いています

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

サイト説明

特別養護老人ホームや高齢者デイサービスにおける事故報告書・ヒヤリハット報告書の事例、書き方を考えてまとめているサイトです。現場で起きる可能性がある事例を考えて知ることで、リスク管理の向上及び対応の仕方、報告書の書き方等、スキルアップができるのではと思い始めました。

記事リンク

忍者広告

PR