忍者ブログ
Home > 内出血・痣・発赤 > テーブルに接触して発赤事故報告

スポンサーリンク

テーブルに接触して発赤事故報告

誘導した際にテーブルに主の右前腕部に接触してしまう

種別 発赤
場所 リビングテーブル
状況 昼食時、誘導した際にテーブルに主の右前腕部に接触してしまう。
(車椅子を押して誘導した設定)
対応
12:00 テーブルに接触させてしまう。
12:05 袖をまくり確認すると5cmほどの発赤あり。
12:10 本人「ちょっと痛いけど大丈夫よ」とのこと。看護師に報告する。
原因 ・注意、確認せずにテーブルに誘導したため。
・テーブルの高さが低いので当りやすいのでは。
対策 ・手の位置をしっかりと確認して、車椅子を誘導する。
・テーブル周りに防護テープを貼る。
(接触しても傷になりにくいように)

介護情報誌 おはよう21

スポンサーリンク

福祉・介護のブログがあり勉強させて頂いています

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

サイト説明

特別養護老人ホームや高齢者デイサービスにおける事故報告書・ヒヤリハット報告書の事例、書き方を考えてまとめているサイトです。現場で起きる可能性がある事例を考えて知ることで、リスク管理の向上及び対応の仕方、報告書の書き方等、スキルアップができるのではと思い始めました。

記事リンク

忍者広告

PR