忍者ブログ
Home > ヒヤリハット > しっかりと所在の把握をしよう

スポンサーリンク

しっかりと所在の把握をしよう

「Cさんが一人でいるんですけど・・・」と連絡がある

種別 徘徊
場所 別フロア(発見場所)
状況 下の階の職員から「Cさんが一人でいるんですけど。。」と連絡がある。
(自力杖歩行できる方)
対応
14:00 下の階の職員から連絡ありCさんを迎えに行く。
14:05 Cさんに聞くと「エレベーターが開いていたから乗ってみた」とのこと。
(類義表現 聞くと→尋ねると→伺うと )
原因 ・職員がエレベーターボタンを押したが階段で降りたので無人になったことが考えられる。
(入居者様の家族の方や出入りの業者の方が親切で「降りますか?」と言われて一緒に行ってしまったケースもありえますね)
対策 ・職員は基本階段を使用するようにする。
(私の勤めていた施設では食事の配膳や物資搬入のときのみ使用しています)
・自分のした行為に対して最後まで責任を持つ。
(私ではないから、いなかったから関係ないなどの考え方が同じ事故を起こす原因の一つだと思います)

介護情報誌 おはよう21

スポンサーリンク

福祉・介護のブログがあり勉強させて頂いています

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ

サイト説明

特別養護老人ホームや高齢者デイサービスにおける事故報告書・ヒヤリハット報告書の事例、書き方を考えてまとめているサイトです。現場で起きる可能性がある事例を考えて知ることで、リスク管理の向上及び対応の仕方、報告書の書き方等、スキルアップができるのではと思い始めました。

記事リンク

忍者広告

PR